メタボリックと内臓脂肪

メタボリックシンドロームと内臓脂肪

メタボリックシンドロームと内臓脂肪メタボリックシンドロームで危険だと考えられているのは、内臓脂肪型の肥満です。肥満にはほかに皮下脂肪型の肥満がありますが、どのようにこの2つを見分けたらよいのでしょうか。


2種類の肥満のタイプは、外見からも区別することが出来ます。メタボリックシンドロームで問題となる「内臓脂肪型の肥満」は、おなか周りにたっぷり脂肪がついていて、脚などはそれほど太くない場合が少なくありません。いわゆる「リンゴ型肥満」が内臓脂肪型肥満に当たります。
「皮下脂肪型の肥満」は下半身に脂肪が付いているのが特徴で、特に女性に多く見られるものがこれです。皮下脂肪型肥満はリンゴ型肥満に対して「洋ナシ形肥満」といわれます。皮下脂肪型肥満でもおなか周りに脂肪がつきますが、おなか周りをつまんだときの感触でもどちらのタイプの肥満であるのか区別することが可能です。


メタボリックシンドロームの危険因子となる内臓脂肪型肥満では、おなか周りをつまんでも皮しかつまむことがきません。それに対して皮下脂肪型の肥満では、皮と一緒に脂肪もがっちり掴むことができます。一見おなか周りに脂肪がついているのは外見からでは同じように見えても、脂肪の付いている場所が内臓脂肪型と皮下脂肪型では違うというわけです。