メタボリックの診断基準

メタボリック腹囲ウエストメタボリックシンドローム診断基準検討委員会は、2005年に日本人向けの新しいメタボリックシンドロームの診断基準を制定しました。

(1)腹囲(おへそ周り):男性85cm以上、女性90cm以上
(2)中性脂肪:150mg/dl以上、またはHDLコレステロール:40mg/dl未満
(3)最高血圧:130mmHg以上、または最低血圧:85mmHg以上
(4)空腹時血糖値:110mg/dl以上


このうち、(1)はメタボリックシンドロームの必須の診断基準となり、(2)(3)(4)のうちの2つ以上の基準に該当する場合に、メタボリックシンドロームと診断されています。ただし、これは日本独自の診断基準です。諸外国のメタボリックシンドロームの診断基準では、女性の腹囲についての基準はもう少し厳しく、男性の腹囲の基準は緩やかな傾向があります。そのため、女性の腹囲についての日本の診断基準を再考すべきではないかという意見も多く聞かれています。