メタボリックシンドロームの診断基準:内臓脂肪は腹囲で測定

メタボリック内臓脂肪は腹囲で測定内臓脂肪の量はメタボリックシンドロームの診断基準の根幹とも言うべきものですが、断面の面積が100cm2以上になると危険だと考えられています。


メタボリックシンドロームの日本の診断基準のひとつに「腹囲」があります。男性の場合は腹囲が85cm以上、女性の場合は腹囲が90cm以上だとメタボリックシンドロームの条件に該当しますが、これは腹囲から内臓脂肪の量が推定できると考えられているからです。腹囲85cm程度がだいたい面積にして100cm2にあたるとされています。なお、女性の方がこれより5cm大きくなっているのは、一般に女性の方が多いとされる皮下脂肪分をプラスした日本独自の診断基準です。


メタボリックシンドロームの診断基準
・男性:腹囲85cm以上
・女性:腹囲90cm以上
※女性の場合、皮下脂肪分をプラス


ひとつ注意しておきたいのは、メタボリックシンドロームでの「腹囲」というのは、「ウエスト」ではないということです。メタボリックシンドロームで内臓脂肪の診断をする場合は、おへそ周りを基準にします。腹囲は直立して軽く息を吐き、メジャーを直接体に当てた状態で測定します。