メタボリックシンドローム対策の食事はここに注意!

メタボリックシンドローム対策の食事の中で気をつけなければならないのは、炭水化物と塩分の摂り過ぎです。


特に、どんぶりものなど1品だけを食べるような食事内容は要注意。できれば主食は軽めにして、その分をおかずやサラダで補うようにします。急にカロリーダウンは辛い、という人にも、この方法はおすすめです。


メタボリックシンドローム対策で少し工夫が必要なのは、油分の摂り方です。高脂血症対策を考えた場合、闇雲に油分をカットしてしまいがちですが、あまり摂る量が少なくてもエネルギーの燃焼効率が落ちてしまい、ダイエットにはあまり効果的とは言えません。おまけに油には質の良いビタミン類も含まれています。油分はバターやラードといった動物性のものを避けて、植物性のもので摂るようにします。


逆に、メタボリックシンドローム対策の食事で積極的に摂りたいのは、排出効果の高い食物繊維と代謝に関わるビタミン、ミネラル類です。これらがたっぷり含まれている海草、きのこ、豆、根菜、こんにゃくはカロリーも低い美容食です。毎日の食事にしっかり取り入れましょう。


メタボリックシンドローム対策・積極的に摂りたい食品
・海草、きのこ、豆、根菜、こんにゃくなど