メタボリックと動脈硬化

メタボリックシンドロームと動脈硬化

メタボリックシンドロームが進行することでしばしば見られるのが動脈硬化です。


動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞など、特に深刻な生活習慣病の原因とされています。つまりメタボリックシンドロームの予防の目標は動脈硬化を防止し、生活習慣病のリスクを少しでも減らすことだと言い換えても問題はないでしょう。


動脈硬化とは動脈の壁にコレステロールや脂肪が付着して厚くなり、しなやかさが失われて脆くなる状態のことを指します。動脈硬化が進行している血管ではしばしば血流が滞り、その先にある重要な組織に血液が届かなくなります。その状態が長く続くと、血液の届かない部分の細胞が壊死を起こす場合もあります。また血圧が高い場合には、血管が破裂するケースも少なくありません。


メタボリックシンドロームは着実に動脈硬化を進行させ、その延長線上には命に関わる重い生活習慣病があることをしっかり認識しておくべきでしょう。