メタボリックとダイエット

メタボリックシンドロームとダイエット

メタボリックシンドロームの診断基準ともなる肥満を抱えている人は多いと考えられ、ダイエットが必要な場合も少なくないでしょう。ダイエットに関する情報はメタボリックシンドロームの情報以上に氾濫していて、どの方法を取ったらいいのかも迷うところです。


しかし自己流で無理なダイエットを行った挙句にリバウンドを繰り返すというケースはよく聞かれますし、もちろん体を壊すなどというのは論外でしょう。特に単品ダイエットや極端な減食を伴うダイエットは問題がある場合も多いため、たくさん減量しなければならない場合には、まず医師に相談してから行うことをお勧めします。


メタボリックシンドロームから見たダイエットでよく話題になるのが「隠れ肥満」です。間違ったダイエットをした場合、一見痩せているのにおなかだけぽっこり出ていたり、内臓に脂肪が付いているケースも珍しくありません。これは、本人にも自覚のない場合もあり、メタボリックシンドロームにとっては非常に危険な状態です。メタボリックシンドロームとダイエットは切っても切れない関係ですが、正しいダイエット方法で自分の体をいたわりながら、メタボリックシンドロームにもじっくり対処していくことが大切です。