メタボリック 薬での治療

メタボリックシンドローム 薬での治療

生活習慣の乱れが原因で発症したメタボリックシンドロームの多くは、まずは食事療法や運動療法によって対応することになります。


しかし、メタボリックシンドロームの原因が遺伝であったり糖尿病や高血圧症、高脂血症などの病気の程度が重い場合、もしくは合併症のある場合は、食事療法や運動療法と平行して薬での治療が行われます。最近ではメタボリックシンドロームの治療に特化したメタボリックシンドローム外来のある病院も見られるようになりました。自分ひとりで頑張ってもなかなか体重のコントロールが出来ないという場合も、そういった病院で相談してみたらよいかもしれません。


薬による治療を受ければ安心してしまいがちですが、運動や食事療法はそのまま続けることが大切です。
また、良くなったからと自己判断で薬を止めてしまうのは厳禁です。メタボリックシンドロームの治療は医師との二人三脚のつもりで相談を密にしながら進めて行きます。