メタボリック対策の食事

メタボリックシンドローム対策には、規則正しい食事を

メタボリックシンドローム対策3食事の内容もメタボリックシンドローム対策には大切ですが、食事の摂り方を工夫することでさらにメタボリックシンドローム対策の効果は倍増します。


まず、食事は3食を規則正しくきちんと摂る必要があります。摂取カロリーを減らすために、よく朝食を抜く人がいますが、これはダイエットには逆効果。1食抜くと体は危機感を感じて、余計に脂肪を溜め込もうとしてしまいます。カロリーコントロールを考えるのなら、むしろ朝はしっかり摂り、夕食を軽めにして、寝る前の遅い時間になってからは食べないようにしましょう。カロリーのことを考えるのが苦手という人には、よく噛んで食べる食事方法がおすすめです。よく噛むと満腹中枢が刺激され、大食いを防ぐことが出来ます。それと同時に、しっかり噛むとエネルギーの代謝率がアップするホルモンが分泌されます。つまり、よく噛むことは、脂肪の燃焼にも大変効率的というわけです。「よく噛む」という行為は、人間の体にとってもメタボリックシンドローム対策にとっても、とても大切なことなのです。



メタボリックシンドローム対策の食事はここに注意!

メタボリックシンドローム対策の食事の中で気をつけなければならないのは、炭水化物と塩分の摂り過ぎです。


特に、どんぶりものなど1品だけを食べるような食事内容は要注意。できれば主食は軽めにして、その分をおかずやサラダで補うようにします。急にカロリーダウンは辛い、という人にも、この方法はおすすめです。


メタボリックシンドローム対策で少し工夫が必要なのは、油分の摂り方です。高脂血症対策を考えた場合、闇雲に油分をカットしてしまいがちですが、あまり摂る量が少なくてもエネルギーの燃焼効率が落ちてしまい、ダイエットにはあまり効果的とは言えません。おまけに油には質の良いビタミン類も含まれています。油分はバターやラードといった動物性のものを避けて、植物性のもので摂るようにします。


逆に、メタボリックシンドローム対策の食事で積極的に摂りたいのは、排出効果の高い食物繊維と代謝に関わるビタミン、ミネラル類です。これらがたっぷり含まれている海草、きのこ、豆、根菜、こんにゃくはカロリーも低い美容食です。毎日の食事にしっかり取り入れましょう。


メタボリックシンドローム対策・積極的に摂りたい食品
・海草、きのこ、豆、根菜、こんにゃくなど