メタボリックシンドローム 検査

メタボリックシンドロームには定期的な検査を

毎年増加し続けるメタボリックシンドロームの患者に対応するために、2008年4月から健診のあり方が見直され、検査の内容も一新されることになりました。


具体的にはこれまで行われてきた検査に腹囲の検査がプラスされ、メタボリックシンドロームの危険性が見つかった人に対して個別に行われる保健指導も強化されることが決まっています。特にこれまでは検査結果から疑われる個々の病気に対して対応してきたものを、メタボリックシンドロームというひとつの流れで捉えることでメタボリックシンドロームの患者を減少させ、さらに重い生活習慣病に罹るのを阻止するのがその狙いです。


メタボリックシンドロームは特に40歳以上になると増える傾向が強いため、検査結果を受けた40歳以上の人の保健指導については特にきめ細かい対応が取られる予定です。ぜひこの機会に検査を定期的に受けるよう、習慣付けましょう。